無料で使える画像編集・画像加工ソフトのご紹介

無料で使える画像編集・画像加工ソフトのご紹介

 

画像編集ソフトといえばアドビのPhotoshopが有名ですが、ここでは無料で使えるソフトをいくつかご紹介します。

 

無料の画像編集ソフトPhotoScape

 

PhotoScapeは海外製のソフトですが、日本語に対応しているため、英語が分からなくても使えます。

 

画像編集機能はコントラストやリサイズ、白黒変換、トリミング、テキストの追加まで必要なものはほぼ揃っています。

 

またPhotoScapeは画像編集機能だけでなく、画像を閲覧できるビューア機能も備わっているため、画像を簡単に管理できます。

 

他にもスクリーンキャプチャ機能やGIFアニメ作成機能、カラーピッカ機能なども用意されているため、これ一つあればどのような画像であっても高度な加工を行うことができます。

 

肝心の画像編集は下部にあるメニューから選ぶだけでできるため、多機能でありながら初心者でも扱いやすいソフトと言えます。

 

PhotoScapeの詳細・ダウンロード先(Vector)

 

 

無料で使える画像加工・編集ソフト「Jtrim」

 

JTrimはフォトレタッチソフトで、初心者でも扱いが簡単なものです。

 

画像の合成やフィルタ、ぼかしやモザイクなど加工や編集に必要な機能はほぼ揃っています。

 

ツールバー上から簡単に操作できるため、詳しくない人でも高度な加工を行うことが可能です。

 

またデフォルトでもできることは多いですが、Susieプラグインを追加することでやれることは増えます。

 

デフォルトでは扱える画像形式はそう多くないのですが、Susieプラグインを導入すれば、使用できる画像形式が一気に増えます。

 

さらに画像加工や編集だけでなく、画像ビューアとしても使うことができます。画像はスライドショー形式で閲覧できるため、画像管理としての一面にも優れています。

 

「Jtrim」の詳細・ダウンロード先(窓の杜)

 

 

番外:無料ではないが手頃な価格の画像加工・編集ソフトCorel PaintShop Pro

 

Corel PaintShop Proは、コーレル社が販売と開発をおこなっている写真加工ソフトウェアです(無料ではないのですが、価格は手頃です)。

 

アドビ社のPhotoshopを強く意識した製品で、操作や機能はかなり近いものの、値段が1万円前後で購入できます。

 

利用者のスキルに応じて機能のカスタマイズがしやすいことや、ドット絵の作成やフォトタッチなどイラストレーションの作成も可能なため人気があります。

 

しかし、利用環境OSは今のところWindowsに限られています。

 

インターネット接続環境のあるパソコンから公式ホームページへアクセスすると無料体験版のダウンロードができます。

 

バージョンはPaintShop Pro X8で無料体験期間は30日です。

 

クレジットカードの登録は不要で、無料期間が過ぎると製品の購入をしなければ利用ができなくなります。

 

他社のソフトウェアとの比較に体験版を利用してみるのはおすすめです。

 

Corel PaintShop Proの詳細・体験版ダウンロード先

 

 

画像編集・画像加工におすすめのパソコン トップへ