画像編集・加工するならPhotoshopがいいか?無料ソフトは?

画像編集・加工するならPhotoshopがいいか?無料のソフトじゃダメなの?

 

Photoshopは有料ソフトなので、「画像編集をするのに、無料のソフトでも大丈夫かな?」と考える方もいらっしゃると思います。

 

たしかにPhotoshopは有料ソフトですが、画像編集や加工を自分のスキルとして身につけていきたいのでしたら、絶対にPhotoshopを使わえることをおすすめします。

 

特にデザイン関連の仕事のスキルの一環として身につけようと思っているのでしたら、無料ソフトなどもってのほかです。

 

 

まず画像編集や加工は、はじめてやる場合には、本やネットで勉強しないとやり方がよくわからないと思います。

 

レイヤーを追加する手順とか、上手く彩色する方法とか、トーンカーブや明るさ調整などを使いこなす方法とか、初めての人が少しネットを見たくらいでは、なかなか理解できないと思います。

 

となるとやはり、書籍を見て勉強するのがオススメなのですが・・・

 

日本で画像編集に関する書籍といえば、ほとんどがPhotoshopに関する書籍です。

 

となると、Photoshopを使って勉強するしかなくなります。

 

もちろん、他の画像編集ソフトを使って独学で勉強する方法もありますが、非常に効率が悪いです。

 

その点、Photoshopならたくさんの書籍があるので、1冊買ってみて、あわなかったら次、また次と自分にあう本が出るまで次々と参考書を買えることが出来ます。

 

Photoshopは大量に関連書籍があるので、自分にあった書籍が見つかりやすいことを考えると、無料の画像編集ソフトを無理に使うより、Photoshopを使った方がよいでしょう。

 

 

無料の画像編集・加工ソフト GIMP(ギンプ)

 

一応、Photoshopがおすすめではありますが、無料ソフトもご紹介しておきます。

 

GIMP(ギンプ)はWindowsとMacOSの両方のOSで利用出来る無料画像編集・処理ソフトです。

 

GIMP自体とても高機能なので出来ることはたくさんありますが、最も突飛つすべきなのは画像編集機能です。

 

顔写真を綺麗に編集することができます。顔のシワやシミを消したり、写真自体を明るくしたりできます。

 

イラストも作成することが可能なので、単純な画像ソフトウェアということではなくペイント系のソフトウェアでもあります。

 

機能としてはadobeのphotoshopに似たソフトウェアですが、それに負けず劣らずなところが人気です。

 

photoshopは高機能で有料ですが、GIMPは高機能で無料で使えるというところがポイントです。

 

無料で使えるソフトウェアながらここまで多機能に使える画像処理ソフトウェアは他にはありません。

 

ただし、ちょっと大きめの書店などにいけばわかりますが、関連書籍はPhotoshopの方が圧倒的に多いので、勉強しやすさはPhotoshopの方に断然軍配が上がります。

 

 

AdobeのPhotoshopとIllustratorは何が違うの?

 

Adobe社からは、グラフィック系のソフトとして、PhotoshopとIllustratorが出ていますが、何が違うのか解説してみましょう。

 

PhotoshopとIllustratorはAdobe社が販売するPC向けのソフトウェアです。

 

Photoshopは、主に写真の加工と補正を目的に使われます。

 

Illustratorは、雑誌のレイアウトやデザインをデータとして作ることに使われたり、イラストやロゴを作るときに使われることもあります。

 

PhotoshopとIllustratorは役割が違うので、両方を組み合わせてデザイン物を作ることも多いです。

 

 

どちらもwebデザイナーやイラストレーター、アプリデザインの製作などの職業で欠かせないソフトウェアです。

 

購入方法はネット通信ができる環境でPCにダウンロードして月額料金を支払い継続して利用します。

 

不要になった場合は契約の解除が必要です。

 

PCはWindowでもMacでも利用ができます。

 

イラストや漫画を描く事を目的にIllustratorを利用する場合は、PCのマウスではなくペンタブレットを別に購入して細部にこだわった描写ができますが、漫画を描くならCLIP STUDIO EXというソフトの方がおすすめです。

 

役割が違うので、クリエイティブな仕事をするにはPhotoshopとIllustratorを使いこなせる必要があります。

 

 

画像編集・画像加工におすすめのパソコン トップへ